FC2ブログ

このブログをお気に入りに追加


このブログの人気順位を
確認するにはコチラ
クリックしてみてください。

各ポータルサイトの
ブックマーク登録ボタンです。
プロフィール

時間プランナー

Author:時間プランナー
===============
プロフィールはこちらです。
===============
下のランキングにも参加しております。応援クリックしていただくと大変うれしいです。

よろしくお願いいたします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 経営ブログ オーナー社長へ
にほんブログ村
ビジネスブログ100選
ビジネスブログ100選

最新記事
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続対策セミナーで思うこと

昨日、取引銀行が主催する相続対策セミナーに行ってきました。

不動産業者は少なく、ほとんどは本気モードのお金持ちそうな方々でした。

テレビや雑誌などにも取材されているという税理士が講師で、相続税法改正についての話を聞くことが出来ました。

改正の一番のポイントは、2次相続に対しても税金がかかるということです。

2次相続と言うのは、ご主人がなくなったあと、相続した奥さんの財産についても相続税の対象となることです。

ご主人がお亡くなりになると奥さんが半分、子供が半分で分けます。

例:相続財産6000万円。奥さん3000万円。長男1500万円、次男1500万円

と言う具合です。

今回の改正で、次に奥さん(子供たちからするとお母さん)がなくなったときにも相続税が徴収されることになりました。

税金を沢山取られることになると大変なので今のうちに若い人へ財産を分けるようにさせて、若い人がそれを使うことで経済を発展させようという理由からです。

余り使わないお年寄りに持たせておくのは日本経済にとってよくないという判断だと思います。

ここで問題になるのは、奥さんの財産ってなんだろうってことです。

ご主人が残したものに加えて奥さん名義の不動産や株式、貯金なども当然含まれます。

自分が働いて貯めたものなら大丈夫ですが、たとえばこずかいからのへそくりや申告していない副業などで貯めたものは、すべてご主人のものとして判断され、贈与税などがかかる場合がありますのでご注意ください。

家事に対する対価としてもらっているとするのであればそれを証明する書面を公証役場で作っておくことも必要になります。

平成23年秋に法案が提出される納税者番号制度が通れば(たぶん通ると思います。)、すべての国民の財産を国税庁が把握できることになるそうです。

恐ろしい時代ですね。

2時間のセミナーでは、改正点について説明していただいた部分が大半だったのですが、要所要所に自分のところのような経験豊富な税理士に頼まないと大変なことになりますよ~といったニュアンスがはさまれていました。

5000万円以下の財産(相続税の控除額が5000万円なので税金がかからない。)しかない私にとっては、その方に相談する理由が無いので、逆にその巧みなセールストークが気になりましたが、今回のテーマにどっぷり該当する方にとっては、目の前にいる人が輝いてみえたのではないかと思います。

貧乏でもお金持ちでもお金についての悩みはつきないものですね。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!

サト愛です。

うちのブログへのコメント&応援に
感謝です。

税金の仕組みって複雑なので
知識を得ておくのはよいですよね。
贈与税ですか~考えたことなかったです。

税金のことは、私も税理士さんに
任せっぱなしです^^

応援します!ぽち^^
無料レポート
ゼロからやるなら絶対これです!
ネットのことがあまり詳しくないのでしたら何も言わずにこれを買ってください。僕が集客単価を劇的に下げてみせます。
SIRIUS シリウス
次世代型サイト作成システム
SIRIUS(シリウス)はこちら
時間プランナー 一押し書籍
質問・疑問・苦情など
どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください。他の方に役にたつ内容でしたら質問いただいた方の承諾後、掲載させていただくことがありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
お勧めサイト
学資ローン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。